gallery_yoyaku.gif

「星屑」

11月29日(水)〜12月10日(日)12時〜18時(月火休廊/最終日17時まで)

星屑.jpg
 

「星屑」

大熊幸雄遺作展





...

大熊幸雄略歴
1970 愛知県立芸術大学美術学部美術学科絵画油画専攻卒業
   (卒業制作「人体」大学芸術資料館所蔵)
1973 愛知県立芸術大学美術学部美術学科油画科大学院特別研修科修了
   ギャラリータケガ 愛知
1980~1987 グループ展 八十展 名古屋日動画廊
2001 漂流展 茶屋町画廊 大阪
2002~2007 パフォーマンス 旗を立てる (26回)
2008 部屋を囲む7枚の平面 ギャラリー白 大阪
2009 星屑 ギャラリー白 大阪
2011 星屑2 ギャラリー白 大阪

...

イベント
展示期間中に2つのイベントを開催致します。

◆旗を立てる
会期中随時行っています。
材料は用意いたしますのでよろしければギャラリーで旗を作り、奥の広場に立ててみませんか?
最終日までに何本立つのか、大熊幸雄さんに幻を見せてあげたいです。


...
「旗を立てる」について   大熊幸雄

*旗はあらゆる国家や組織ではなく、個人の旗として考えています。
*自分が作る旗の造型性よりも、ある特定の場所に旗を立てる行為により大きな芸術的意味があると考えています。
*特定の場所に旗を立てられる事によって、世界を新しいイマジネーションで問い直す事が出来ればと夢見ています。
*一人ひとり違う個人の旗が立つという幻は僕をひきつけます。
...



◆ほっしーの歌

12月10日(最終日)12時半〜13時半
ちーな工房のパンを食べながら歌を聴きます。
どなたでもお越しくださいませ。


*ギター・マンドリン演奏
安松谷由美子・仲谷純枝(交野ギター・マンドリンオーケストラ)
ひまわり 旅情 舞い落ちた天使 など

*パフォーマンス えかきのおじさん
仲谷 萌(ニットキャップシアター)

*ほっしーの歌
ほっしー(Hello!リボンちゃん)
いつも何度でも いのちの名前(あの夏へ) 星めぐりの歌
見上げてごらん夜空の星を など


「線とセンと布人形」 ハヤシマドカ・鈴木啓文二人展

2017年12月13日(水)-24日(日) 月火休廊 12:00-18:00(最終日17時まで)


dm_main_web.jpg

dm_kitte_web.jpg

ハヤシマドカ (布人形と絵)  http://madozukin.exblog.jp/
鈴木啓文 (写生画)  http://croquissuzuki.web.fc2.com/



..
今回の二人展について


(テキスト:ハヤシマドカ)


 今回の二人展を催すきっかけは、「繕いの便り展」(*注1)の時、運営の原田さんから声を掛けて貰ったのがはじまりです。ここで布人形の展示をしてみないかと。
 しかしソーイングギャラリーは広さがあり、躊躇してたら、この中の誰と展示をしてみたいかと問われ、洋裁学校正門の図をペン描きで出品されていた鈴木さんのことを図々しく指名したのです。
 鈴木さんの絵を観たのは、この時が初めてではなく、谷六にある「ひなた」(*注2)でお会いしてます。十年よりもっと前、ちょうどポストカード展やっていた会場で、
古い長屋を改装したひなたの重くたわんだ天井と室内をするする描き上げられ、びっくりしたのが初対面でした。繊細で複雑な鉛筆の線でした。


 断られてもいいやと思って、こちらからメールを差し上げたら、意外にも快諾をいただいたのが二人展の出発点です。


 さて、ソーイングギャラリーでは今年に入って、原田さんの発案で素描展(*注3)が行われています。鈴木さんは、春からずっと参加されてますが、わたしは遅ればせに秋から参加しました。
 一緒に何度かスケッチに参加して、スポーツのようでもあり、星ヶ丘の庭を描くことは包まれるようだと思いました。


 素描展のスケッチ会で原田さんが「違う形の握手」と言われたのがとても印象的でした。
 スケッチは見たままを描くことになっていますが、人によって見たままも違う、見たままと言っても捕まえ方や詰め方もちがう、そんな話しをしました。
 そして、熟し切っていない(完結し過ぎない)ところが面白く、交流を生むのではないかと。
 なぜスケッチ会を発案したかについての返答だったのですけれど、わたしは、この二人展もそれがいいなと思いました。

 このコラボレーションが果たして握手できるかどうかどきどきしてます。



*注1 繕いの便り展:毎年1月にソーイングギャラリーにて行われる多人数参加の絵葉書展です。
*注2 雑貨と喫茶とギャラリーと「ひなた」:大阪、谷町6丁目にある古民家を改装した お店
*注3 素描展:星ヶ丘学園内をスケッチしソーイングギャラリーにて飾る展示会。2017年春から四季ごとに行っています。





作家profile..........

■ ハヤシマドカ  (布人形と絵)  http://madozukin.exblog.jp/
もともと絵本を作りたくて絵を描き始めました。布人形やブローチも作ります。
布人形の線は、スケッチ段階で良くても、布を切って縫ってピンセットで引っ繰り返らなければ(それを想定できないと)設計図として失敗です。
布が引っ繰り返って、綿を詰めて、やっとキャンパスとして完成で、それから刺繍糸を刺したり着彩します。

最近の展示は、ギャラリーモーネンスコンピス(二条城)でやった、「ロシアのにわ+箱絵本」展です。




■ 鈴木啓文  (写生画)  http://croquissuzuki.web.fc2.com/
何かをその場で直に見ながら色も塗らずに描いています。普段は、人を5分くらい、建物は1時間~2時間くらいで鉛筆で描きますが、
今回は、その中間の30分くらいで、黒のマーカーで植物を描いています。


最近の展示は、「よむひと」加持小雨の短歌と二人展:マヤルカ古書店(京都)→フレンチ食堂セルクル(中崎町)→フエ°(新福島)巡回


2008年JAMPOT(雑貨店、中崎町)を描いたときの動画

『繕いの便り展 #16』参加者募集のおしらせ


IMG_0593_2.jpg


~ SEWING GALLERY 冬の企画展 ~
「繕いの便り展 #16」

◆参加募集期間 2017年12月1日(金)〜2018年1月7日(日)
◆開催期間 2018年1月17日(水)〜2月4日(日)



IMG_0598.JPG IMG_0596.JPG



葉書を作る人、
その葉書に気持ちを綴る人、
そして葉書から気持ちを受け取る人

1枚の葉書から人と人が繕いあうそんな展覧会です


*


「繕いの便り展」とは、手作りの葉書を展示販売する
ソーイングギャラリー冬の企画展です。
期間中ギャラリー内には切手とポストを用意し、買いたての葉書を送る事も出来ます。

この企画展はどなたでも参加できます。
作家さんは勿論のこと
普段は絵を描いたり、言葉を綴ったりする機会の少ない方も
どうぞお気軽に。

お子様も大歓迎ですヨ。


******

~ SEWING GALLERY 冬の企画展 ~
「繕いの便り展 #16」

●開催期間
2018年1月17日(水)〜2月4日(日)月火休み 12時〜18時(最終日17時まで)

●参加者募集期間
2017年12月1日(金)〜2018年1月7日(日)

●参加費
1000円

●内容
オリジナルの葉書作品を作って下さい。
手描き、印刷、写真、文字など。形式は問いません。

見本となる1枚を展示し、その他を販売します。*最低2枚以上(〜20枚くらい)納品してください。
原則一種類でお願いしていますが、多少の色やデザインの違いなどは構いません。だいたい同じ感じだったらOK!
(通常の62円切手で送れない葉書については、必要な切手の料金もお知らせください。)

●申込み〆切
2018年1月7日 (日)

●葉書納品〆切
2018年1月14日(日)
ギャラリーに郵送またはご持参くださいませ!



●応募方法
下記5点を書いて「E-mail info@sewing-g.com」もしくは「ギャラリー」にお送りください。
1・お名前
2・〒 住所
3・電話連絡先
4・e-mailアドレス
5・その他ご質問など





◎応募が済みましたら

●納品について
2枚以上(〜20枚くらいまで)納品して下さい。
1枚は見本として展示後、ギャラリーにて保管となります。

作品には、一枚づつタグシール(名前と価格を書いたもの)を貼って下さい。
会計時に使いますので、はがしやすいシールやマスキングテープ等でお願いします。

●販売について
葉書の価格は自由につけて下さい。
売上げ3割をギャラリーへ納めて頂きます。
売り上げは展覧会終了後、お渡しします。

●参加費入金について
*1/14(日)までにお願いします。

ゆうちょ銀行口座にお振込またはギャラリーにてお支払い下さい。
<振り込み先>
・ゆうちょ銀行
記号 14180 番号 34309981 ソーイングギャラリー
・ゆうちょ銀行以外の金融機関からのお振込の場合
店名 四一八(読み ヨンイチハチ)
店番 418
普通預金
口座番号 3430998