gallery_yoyaku.gif

冬の「素描展」

2月21日(水)〜2月25日(日)12時~18時(最終日は17時まで)

冬の素描展.JPG


星ヶ丘学園内をスケッチしてソーイングギャラリーにて展示する展覧会です。
春夏秋と実施し、今回が締めくくりの冬の開催となります。

星ヶ丘学園をそれぞれの視点でスケッチしていただきました。
どうぞご覧くださいませ。



参加作家

鈴木啓文
茶円恵子
koyap
高田昌弥
とりい えみ
はんこや Tao
Yuuko Moro
原田 恵



展示中の催し
(2/24)14時〜「星ヶ丘拾い物お散歩会」
    持ち物 あれば双眼鏡、虫眼鏡、図鑑(植物、虫、鳥)など
    かたべさんとギャラリーから学園を一周して、何か拾いながら帰ってきて観察します
    「鳥も今の季節のメジャーなメンバーはいます」とのことです 楽しみですね
(2/25)12時〜 出張喫茶
   16時〜 オルガン演奏会 →ご予約受付中です

出張喫茶 余白珈琲、shizuka gohan

IMG_20180207_0001.jpg

余白珈琲 HP
コーヒー豆屋 / ため息を、ほっとひと息に。
店舗を持たず、大阪のアパートの一室を焙煎室にして、様々な形で届けています。
通信販売や定期便もあります。

shizuka gohan instagram
料理するひと。 イベントでのお料理の提供や出張料理、美味しいものつくります。

「不在の教会」木太 聡 オルガン楽奏

IMG_20180131.jpg

不在の教会
木太 聡 オルガン楽奏


2月25日(日) open 15時30分 start 16時
¥2,000
(演奏前、余白珈琲とshizuka gohanによる出店がございます 併せてお楽しみください)


◆ ご予約はEメール またはお電話にて

info@sewing-g.com 072-840-2476


木太聡 AkiraKita Web
雨と休日にて「或る少年」他、CDリリース
NHK「日曜美術館」、minä perhonen 2015S/S等、楽曲提供
ワタリウム美術館等、現代アートとして美術界でも演奏活動

根本 由美子 & 野良猫たちの 展覧会

2018.2.28(水)~3.4(日)  12時~18時( 最終日17時迄) 月火休廊

noraneko1.jpg


<野良猫 募集!>

作家 根本由美子さんは猫が大好きで、知人友人に猫の葉書を送っていました。
猫なしには語れません。

今回、お越しくださる皆様からも
作品を募り展示させていただければと思います。
ぜひご参加くださいませ!

noraneko3.jpg

ご参加について詳細

作品:猫のいる風景・人物画,猫の立体・工作・ぬいぐるみ等
出品費:2,000円
申込み:Eメール(info@sewing-g.com)かお電話(072-840-2476)まで
搬入:2月21日(水)~2月25日(日) ギャラリーへお持ちください

......

星ヶ丘の手のひら

ダンスパフォーマンス 3.10(土)、3.11(日)
作品展示 3.7(水)~3.11(日) 12時~18時(最終日は17時まで)

madeofwool1.jpg

made of wool   ~vol.1~
星ヶ丘の手のひら
--------------------------

日時
3月10日(土)14時~/16時~(2回公演)
3月11日(日)14時~

料金
前売り 1200円
当日 1500円
(お席に限りがありますので、あらかじめご予約ください)


◆ご予約・お問い合わせ

セレノグラフィカ
info@selenographica.net

からだのアトリエ バオバヴ
aimee1820@luna.zaq.jp




構成・振付・演出・出演
隅地茉歩
エメ スズキ

制作協力
阿比留修一
designまるさんかくしかく

企画・制作・主催
セレノグラフィカ
からだのアトリエ バオバヴ
※京都芸術センター制作支援事業

...
星ヶ丘の手のひら Facebook Twitter
...



◆作品展示  2018.3.7(水)~3.11(日) 12時~18時(最終日は17時まで)

IMG_0609.JPG

柳生恵吾・鮫島めぐみ
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコース4回生。
ファッションデザインの企画制作を中心に学ぶ。卒業制作では、自作した柄を生地にプリントし春から夏にかけてのうららかな休日に着る服を想像し制作。今回は卒業制作を展開させた作品を展示する。



-----------------


madeofwool.jpg

早いほうが好きですか?広い方が快適ですか?
たまには、遅くても狭くても身体が喜ぶことがあります。
今回は女性ダンサー2人の身体で、デュエットとソロのパートを散りばめながら、置き去りにされやすいものの価値を見直していきます。
身体を差し出すと見えてくる光景。
ひとつひとつ手のひらで触れるように。

隅地茉歩 エメ スズキ



-----------------
プロフィール

隅地茉歩
[すみじ・まほ 振付家・ダンサー]

セレノグラフィカ代表。同志社大学大学院文学研究科修了。高校の国語教師として在職中にダンスと出会い、その後国内外でダンサーとしての研鑽を積む。
カンパニー結成後、振付家としてデュエット作品の創作を基軸に、ソロやグループの創作も手がけ、近年カンパニー外への作品提供も増えている。
繊細で大胆かつ不思議で愉快な作風と、緻密な身体操作によるワンダームーブメントが持ち味。ワークショップやアウトリーチのナビゲーターとしても、セミナーの講師としても定評があり依頼も多い。
TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD2005 にて、グランプリに当たる「次代を担う振付家賞」受賞。大阪国際大学、京都精華大学、天理医療大学非常勤講師。

セレノグラフィカ HP


エメ スズキ
[ダンサー]

1989年より舞台活動開始。ダンサーとして国内外で活動。2004年より、一般の人々と「ダンス」を通しての関係づくりにいそしみ、プロジェクト形式で公開するスタイルに移行。この12年間で、主に3つのプロジェクトを実施。特に2007年~の「+ちいさなこどもたち」プロジェクトでは、活動報告を兼ねた企画展(豊中市立市民ギャラリー特別企画・2017.2)にて、750名を動員するなど、「地域」「からだ」「表現」の結び場を開拓。現在、その結び場の拠点「からだのアトリエ バオバヴ」開設に向けて、企画を進行中。

「+ちいさなこどもたち」プロジェクト Brog