gallery_yoyaku.gif

『dance』 吉田 百里 mori yoshida

2017.11.15(水)–11.26(日)12:00-18:00(最終日11/26は17:00まで)※月・火曜休廊

dance.jpg


生きてるって、


今しかなくて、うつくしくて強くてはかない


ダンスみたい。




『dance』 吉田 百里 mori yoshida

2017.11.15(水)-11.26(日)

12:00-18:00(最終日11/26は17:00まで)※月・火曜休廊




dance3.jpg


『小さな詩とスープの会』
深まる秋の星ヶ丘で、今回展示している詩をみなさんと朗読します。

日時:11/25(土)14:00〜
参加費:1,000円(shizuka gohanさんの冬の根菜スープと手づくりパン付き)
ご予約:info@sewing-g.com(ソーイングギャラリーまで)
「小さな詩とスープの会」参加として、お名前、人数をお知らせください。
(アレルギーのある方は事前にお聞かせください。)

料理するひと。
ゴハンにパン、おつまみ、お菓子、珈琲にお酒、あれこれ美味しいもん、こさえます。




*本展へよせて作家の吉田さんから言葉が届きました。

....



「どんぐり」             吉田 百里

ソーイングギャラリーでの展覧会も、今年で四回目になります。
本当にうれしくて幸せなことだなあと、毎年その幸せをゆっくりとかみしめています。

何回目の展覧会のときだったか、もう展覧会の期間も終わりに近づいた頃、
ギャラリーにいたら、小さな女の子がたたたとそばにやってきて、
あげる、といって小さなどんぐりをひとつくれました。

いいの?なくなっちゃうよ?と聞くと、
その子は、また拾うからいいー、と言って、またたたたと去っていきました。

私が予想していたのは、
ううん、いいの、と我慢するか、
いらないからいいーという答えだったので
本当にびっくりして、そうか、そういうプレゼントの方法があったんだねと
何だか新しい哲学に触れたような気持ちになりました。

そのあとよく見たら、洋裁学校の入り口の下に、
たくさんどんぐりが落ちていることに気がつきました。
星ヶ丘にはもう何回も来ているつもりだったけれど、
そのときはじめて、どんぐりの木があることに気づきました。

木の下にいっぱい落ちていた小さなどんぐり。
あの女の子も、ここでまたどんぐりを拾えたかな。

あの女の子がくれたのは、
誰かに贈り物をしても、また自分で作り出せばいいという魔法。

今年もまた星ヶ丘で、
あの小さなどんぐりみたいなよろこびを
ひとつひとつ積み重ねていけることを、本当に幸せに思います。


....

吉田百里 うたがきこえる
  

「星屑」

11月29日(水)〜12月10日(日)12時〜18時(月火休廊/最終日17時まで)

星屑.jpg
 

「星屑」

大熊幸雄遺作展





...

大熊幸雄略歴
1970 愛知県立芸術大学美術学部美術学科絵画油画専攻卒業
   (卒業制作「人体」大学芸術資料館所蔵)
1973 愛知県立芸術大学美術学部美術学科油画科大学院特別研修科修了
   ギャラリータケガ 愛知
1980~1987 グループ展 八十展 名古屋日動画廊
2001 漂流展 茶屋町画廊 大阪
2002~2007 パフォーマンス 旗を立てる (26回)
2008 部屋を囲む7枚の平面 ギャラリー白 大阪
2009 星屑 ギャラリー白 大阪
2011 星屑2 ギャラリー白 大阪

...

イベント
「旗を立てる」

*旗はあらゆる国家や組織ではなく、個人の旗として考えています。
*自分が作る旗の造型性よりも、ある特定の場所に旗を立てる行為により大きな芸術的意味があると考えています。
*特定の場所に旗を立てられる事によって、世界を新しいイマジネーションで問い直す事が出来ればと夢見ています。
*一人ひとり違う個人の旗が立つという幻は僕をひきつけます。

(大熊幸雄)

会期中「旗を立てる」イベントをします。材料は用意いたしますのでよろしければ旗を作りギャラリーの広場に立ててみませんか。
最終日までに何本立つのか、大熊幸雄さんに幻を見せてあげたいです。


「ほっしーの歌」

12月10日(最終日)12時半からちーな工房のパンを食べながら歌を聴きます。
どなたでもお越しくださいませ。

「線とセンと布人形」 ハヤシマドカ・鈴木啓文二人展

2017年12月13日(水)-24日(日) 月火休廊 12:00-18:00(最終日17時まで)


dm_main_web.jpg

dm_kitte_web.jpg

ハヤシマドカ (布人形と絵)  http://madozukin.exblog.jp/
鈴木啓文 (写生画)  http://croquissuzuki.web.fc2.com/



..
今回の二人展について


(テキスト:ハヤシマドカ)


 今回の二人展を催すきっかけは、「繕いの便り展」(*注1)の時、運営の原田さんから声を掛けて貰ったのがはじまりです。ここで布人形の展示をしてみないかと。
 しかしソーイングギャラリーは広さがあり、躊躇してたら、この中の誰と展示をしてみたいかと問われ、洋裁学校正門の図をペン描きで出品されていた鈴木さんのことを図々しく指名したのです。
 鈴木さんの絵を観たのは、この時が初めてではなく、谷六にある「ひなた」(*注2)でお会いしてます。十年よりもっと前、ちょうどポストカード展やっていた会場で、
古い長屋を改装したひなたの重くたわんだ天井と室内をするする描き上げられ、びっくりしたのが初対面でした。繊細で複雑な鉛筆の線でした。


 断られてもいいやと思って、こちらからメールを差し上げたら、意外にも快諾をいただいたのが二人展の出発点です。


 さて、ソーイングギャラリーでは今年に入って、原田さんの発案で素描展(*注3)が行われています。鈴木さんは、春からずっと参加されてますが、わたしは遅ればせに秋から参加しました。
 一緒に何度かスケッチに参加して、スポーツのようでもあり、星ヶ丘の庭を描くことは包まれるようだと思いました。


 素描展のスケッチ会で原田さんが「違う形の握手」と言われたのがとても印象的でした。
 スケッチは見たままを描くことになっていますが、人によって見たままも違う、見たままと言っても捕まえ方や詰め方もちがう、そんな話しをしました。
 そして、熟し切っていない(完結し過ぎない)ところが面白く、交流を生むのではないかと。
 なぜスケッチ会を発案したかについての返答だったのですけれど、わたしは、この二人展もそれがいいなと思いました。

 このコラボレーションが果たして握手できるかどうかどきどきしてます。



*注1 繕いの便り展:毎年1月にソーイングギャラリーにて行われる多人数参加の絵葉書展です。
*注2 雑貨と喫茶とギャラリーと「ひなた」:大阪、谷町6丁目にある古民家を改装した お店
*注3 素描展:星ヶ丘学園内をスケッチしソーイングギャラリーにて飾る展示会。2017年春から四季ごとに行っています。





作家profile..........

■ ハヤシマドカ  (布人形と絵)  http://madozukin.exblog.jp/
もともと絵本を作りたくて絵を描き始めました。布人形やブローチも作ります。
布人形の線は、スケッチ段階で良くても、布を切って縫ってピンセットで引っ繰り返らなければ(それを想定できないと)設計図として失敗です。
布が引っ繰り返って、綿を詰めて、やっとキャンパスとして完成で、それから刺繍糸を刺したり着彩します。

最近の展示は、ギャラリーモーネンスコンピス(二条城)でやった、「ロシアのにわ+箱絵本」展です。




■ 鈴木啓文  (写生画)  http://croquissuzuki.web.fc2.com/
何かをその場で直に見ながら色も塗らずに描いています。普段は、人を5分くらい、建物は1時間~2時間くらいで鉛筆で描きますが、
今回は、その中間の30分くらいで、黒のマーカーで植物を描いています。


最近の展示は、「よむひと」加持小雨の短歌と二人展:マヤルカ古書店(京都)→フレンチ食堂セルクル(中崎町)→フエ°(新福島)巡回


2008年JAMPOT(雑貨店、中崎町)を描いたときの動画