gallery_yoyaku.gif

『春のよつあし 高田 昌耶 /吉田 綾 /emi / koyap』

2018年 4月11日(水)~4月22日(日)月・火休廊 12時 ~18時(最終日17時まで)

園長先生のお誕生会にゆっくり歩き始めた 4 人。
春の展示をします。 

「よつあしで 踏みしめる事のできる未来 あいをこめて」
(開催によせて 中山博之先生より)

18yotsuashi_image.jpg

....

「葭始生(あしはじめてしょうず)」
(七十二候のひとつ。二十四節気 穀雨の初侯、4月20日~24日ごろにあたる)

「止まっていたものがもぞもぞ動き出す。」
春の展示に合うテーマを相談していた時に出てきたイメージです。
雪の降る寒い日でしたが、木の芽時の不穏な感じから話が始まり、お庭でのイベントまでアイデアが浮かびました。
ソーイングギャラリーに集う時、この場所はいつも季節の移ろいを私たちに見せてくれます。
私たちの中に芽吹く色やかたちを響き返せるといいなあと思います。
小さな親しみやすいテーブルを用意して、生まれたばかりのものたちを載せてお待ちしています。

....

<机を囲むイベントのご案内>

■よつあしごいた会
4月14日(土) 13時~16時/参加費 500 円
春のお庭で机を囲み、石川県能登の伝統ゲーム「ごいた」を遊びましょう。
( 雨天時は屋内で開催 )

■お顔スケッチ
在廊中随時/参加費 1回 500円
展示作家によるおみやげスケッチ。お気軽にお声かけ下さい。
・高田昌耶:あなたのお顔を少女画風に描きます。
・koyap:静物とあなたを描きます。

....


-作家 profile-

■ 高田昌耶
星ヶ丘では、3年前には個展を、2年前には2人展をしています。
「繕いの便り展」や「素描展」にもよく参加していて、秋のフェスタでは「服にえがく」のワークショップをさせていただいたりと、なんだかご縁を感じる場所です。
これまでは、動物モチーフで描くカラフルな作品が多かったのですが、昨年夏頃から突然、墨で描くようになりました。
今回は、日々描きためた、墨絵の人物画を展示します。
お顔スケッチにもチャレンジするつもりですので、皆さまのお越しをお待ちしております。
Instagram/Twitter▶@teckmackmayacom


■ 吉田 綾
木版画凹版の作品に加え、ぬいぐるみを展示します。木版画とぬいぐるみで楽しげに憩ういきものたちを作りました。
4月14日(土)には、お庭で能登の伝統ゲーム「ごいた」を遊ぶ、「よつあしごいた会」を企画しています。
ピクニック気分でゲームを楽しみましょう。ご参加お待ちしています。
Instagram▶@038aya830

大阪府枚方市生まれ
2008年「居眠りサボテン」吉田 綾 木版画展 sewing gallery
2010年「旅と鳥たち」吉田 綾 木版画展 sewing gallery


■ emi
2011年より活動。
絵を中心に、立体、詩で表現しています。たまに雑貨も制作します。
派手さはなくとも、誰かの心に響くようなものを作れたらいいなと思います。
今回はペインティングと鉛筆のドローイングを主に展示します。
Blog →


■ koyap
スケッチ、イメージの拾いものを楽しむゆっくり絵描き。静物が好きです。
絵はがきや雑貨を作り、イベントに参加しています。今回はパネル作品やスケッチを展示します。
「繕いの便り展」や「素描展」で近年なじみ深いソーイングギャラリーでの展示、
チャレンジあり、マイド~感ありの春らしい時間を楽しみにしています。
Instagram▶@aozousan

70周年記念展示『根っこ Root』

2018年4月25日(水)~5月6日(日)12時~18時(最終日17時迄) 月火休廊



hosigaoka70.jpg

70年前、星ヶ丘学園・星ヶ丘洋裁学校はここ星ヶ丘の地に誕生いたしました。
その間紆余曲折はありましたが、皆様に支えられ今日を迎えることができました。感謝に堪えません。既製服が主流となった時代もありましたが、物を作る喜びやこだわりは時代を問わず人の心を動かしています。変わらないことの大切さ、変わることの大切さを見極めながら今後の星ヶ丘学園・星ヶ丘洋裁学校に活かさなければならないと思っています。
70周年にあたり、本年度は様々な記念催しを開催する予定です。
ぜひ足をお運びいただければ幸いです。

*

70周年記念、洋裁服の展示
「根っこ Root  -時代(時空)を超えて、こころからこころへ繋がるもの-」

星ヶ丘洋裁学校は、「自然の中で、自分らしく、共に学ぶ」という精神を元に、小さくとも大自然が残る環境の中で、時代と共に育まれ、様々なことが響き合って、今ここにそれぞれの大切な場所として、こころ豊かなに存続しているかと思います。

本展は、今、尚ここにあり続ける根っことなるものは何なのかを、「根っこRoot」という言葉をキーワードに、この洋裁学校で学んできた卒業生、現役生徒、先生になげかけ、衣服で制作表現していただく運びとなりました。学んできた技術と、こころ自由な発想と、この地と共鳴し合いながら、手を動かし生まれたものが、言葉を超えて、何を伝えてくれることでしょうか。この先も繋がっていく未来に向けての確かなメッセージとなることを、こころから願っています。新緑が芽吹く季節の中で、木々に囲まれたこの洋裁学校の校舎の下は、揺らぐことなく、どっしり見守るように、根っこがはりめぐっていることでしょう。


参加者

岡田 直美
田中 佑有子
松浦 喜美子
渡邊 洋平
安里 菜絵
玉井 恵美子
宮井 敦子
宮井 美咲
ヤマモトサクラ
足立チーム




hosigaoka702.jpg


七〇周年記念式典

創立記念日の5月23日に70周年記念式典を開催します。
(村野神社の神主によるお祓い、植樹祭、茶話会など/ご予約不要)

式典の後は
ピアニスト大滝俊さんによるピアノコンサートを開催します。
【要予約】
星ヶ丘洋裁学校(072-840-2476)まで
お電話でお名前・人数・連絡先をお知らせください

詳しくは星ヶ丘学園HPをご覧ください。 →

4/28「お散歩会、in春」参加募集

IMG_3268.jpeg ←冬の回の様子


星ヶ丘の拾い物お散歩会、in春

<日時>
4月28日(土)
14時~ ソーイングギャラリー前集合

<持ち物>
観察道具(双眼鏡、虫眼鏡)や図鑑、カメラ、
必要であれば、植物や昆虫の採集道具などなど

動きやすい格好、帽子やタオル


・・・

冬大好評の末、シリーズ化することとなりました。
今回は春から初夏にかけての季節で観察です。

学園内を一回りして、見つけた生き物を数えていきます。
ギャラリーへ帰ってきたら採ってきた植物でスタンプしたり、フロッタージュしたりします。
見つけた生き物をみんなで記録しましょう。
(画材は準備もありますが、好みの絵具やローラーがあればどうぞお持ちください)

「5月のまなびや」展

5月9日(水)〜5月20日 (日)12時〜18時
*19日(ライブ開催のため13時30分〜16時まで)
14日、15日休廊

IMG_2755.JPG
「5月のまなびや」展

5月の穏やかな季節に、枚方星ヶ丘にある洋裁学校内ソーイングギャラリーにてグループ展を開催します。活動範囲が異なる作家さんたちと共に楽しい時間を過ごせればと思っています。


<参加作家>
足田メロウ
浅野ちかこ
酒井稚恵
乙黒信
福田康史
清水範康


IMG_2754.JPG

◆ワークショップ
「紅型染付ワークショップ(乙黒 信)」
※予約なし、随時受付ok
紅型(びんがた)とは、沖縄に産する多彩な模様染めのことで一枚の型紙を使って 染め分ける伝統的で繊細な染物です。 簡単なコースターへの紅型染付体験ができます。

【参加費】1枚 800円/2枚 1,500円
【制作時間】30分~1時間程度
【日程】5月9日 ,10日,16日,17日,18日,19日,20日 (19日のみ13時 ~15時となります)


「土器片とシルバー片で作るペンダント(清水範康)」
※要予約
土器片と自分で作ったシルバー片 過去と現在をひとつに繋げるペンダントです。
【参加費】 1,500円
【日時】5月17日(木) 
    13時~14時  
    14時~15時 
    15時~16時 
    16時~17時 
    17時~18時 
【定員】各2名(合計10名)
【制作時間】約 1時間


◆ライブ ※要予約
「ゆうき.トンチ×足田メロウ」 →

【日時】5月19日(土)16時開場16時30分開演
【参加費】3500円(ワッテチャイつき)
【前座】ディジュリブック
【定員】50名


◆トークイベント ※要予約
「顔面把手てなんだ? 縄文と土偶とその周辺」 
福田康史 × 清水範康 

土偶と縄文のポータルサイト「どぐぽた」のメンバーでもある福田康史さんをお迎え して縄文土器や土偶の楽しみ方、特に顔面把手の魅力をお話ししていただきます。 

【日時】5月20日(日)11時~12時30分 
【定員】30 名
【参加費】1,000 円 ( カ レ ー つ き ) 


◆出店「旅するチャイ屋 Watte chai」
素焼きの器でチャイを飲んで、それを割るというインドスタイルのチャイ屋 さんです。
 5月19日.20日出店




【 ご予約、お問合せ 】
ライブ・ワークショップ・トークイベントのご予約は
ソーイングギャラリーまでEmailにて受付いたします

各ご希望の「イベント名」を件名として
「お名前」、「ご連絡先」、「参加人数」をお送りくださいませ

E-mail info@sewing-g.com



作家プロフィール

足田メロウ
画家

絵画制作のほか、映像・アニメーション作品、ライブペインティング、詩人・ 豊原エスとの著作、壁画制作、 CDジャケットや舞台用ポスター、ショップカード等への作品提供、などを行う。
自身の作画・創作行為に対して、 他者とのコミュニケーション手段としてのあり方をより意識し活動を行う。
その為これまでに詩・音楽・身体表現・ 映像・書・子供、等他分野の表現者とのコラボレーションも精力的に行う。
熱中して取り組めることやその場さえ あれば自身の表現手段を絵画に限定する必要はないとも思っている。



浅野ちかこ
tumblr
ガラス造形作家
京都市立銅駝美術工芸高等学校漆芸科卒
桑沢デザイン研究所プロダクトデザイン科卒
現在京都でガラス作家として活動中
個展やイベントで作品を発表



酒井稚恵 SAKAI Chie
テキスタイルアーティスト

<PERSONAL HISTORY>
1977 神戸市生まれ
2000 大阪芸術大学 工芸学科 テキスタイルデザインコース卒業
2002 大阪芸術大学大学院 芸術制作研究科 表現領域(染織)修士課程修了
2004~2006 大阪芸術大学大学院 非常勤助手
2006~2008 芦屋市立打出浜小学校常勤講師(図工専科)
2009~ こども造形教室 ふたご山図工室主催

<SOLO EXHIBITION>
2018 「Trans」ギャラリーみやがわ/京都
2017 「金魚のふん」Gallery Gallery/京都
2017 「ファッションデザイナーになりたい」アート○美空間 Saga/神戸
2016 「王さまとカテドラル」Gallery SATORU/東京
    「幕、きれば」祇園こにし/京都
2015 「ナイトダイバー」ガリャルダガランテ/京都
2014 「星屑のエレジー」Gallery恵風/京都
2013 「スターライトが消える場所」Gallery Gallery/京都
2012 「君のポエムが聞こえる」Gallery SATORU/東京
2012 「ほうき星、あらわる」LIXIL Gallery/東京
2010  「GIRLY」 Gallery Gallery/京都

<PRIZE>
2011清州国際工芸ビエンナーレ 入選/清州、韓国
2010 6th International Fiber Art Biennale 優秀賞
2008 5th International Fiber Art Biennale 優秀賞
2004 3rd International Fiber Art Biennale 優秀賞
2000大阪芸術大学卒業制作 研究室賞



乙黒信(おとぐろまこと)
1972生まれ
東京デザイナー学院卒
琉球びんがた事業協同組合 後継者育成事業卒
沖縄県工芸指導所卒
紅型屋紅天主宰

色は光の反射で。
きっと太陽が弾いた音で。
そんな壮大な音楽の掌の中で一生を賭して遊んでいようって思う。

イベントロゴを染めたり、草木染め+紅型+洋服など、突き動かされる方へ日々活動中。


福田康史(FUKUDA YASUHITO)
木彫作家
twitter

縄文時代の遺物や自然物などにインスピレーションを受け、
木材や流木、朽木などを素材にして創作をしています。
年1回程度、グループ展などへの参加で作品を発表しています。



清水範康
彫金作家

技法から生まれるかたちを探求しています。

略歴
京都市立銅駝美術工芸高校 図案学科 卒
1988年 株式会社俄入社
2004年 アトリエ シミズ ジュエリー ワークス 設立
2005年 株式会社ヤスエイAFFLUXのアトリエ研究室長に就任
個展やイベントで作品を発表

受賞歴
1995年 PLATINUM DESIGN OF THE YEAR マスプロダクツ部門  入賞
2011年 伊丹国際クラフト展 入選
2013年 第6回宇和島パールデザインコンテスト 入選
2013年 JJAジュエリーデザインアワード2013 優秀賞
2014年 JJAジュエリーデザインアワード2014 入選


「ゆうき.トンチ×足田メロウ ライブ」

IMG_2757.JPG
IMG_2756.JPG


「ゆうき.トンチ×足田メロウ  ライブ」

【日時】5月19日(土)16時開場16時30分開演
【参加費】3500円(ワッテチャイつき)
【前座】ディジュリブック
【定員】50名



【 ご予約、お問合せ 】

件名「ゆうき.トンチ×足田メロウ ライブ」として
「お名前」、「ご連絡先」、「参加人数」をお送りくださいませ

E-mail info@sewing-g.com